フォトアルバム
Powered by Six Apart

お買い物 Feed

2017年1月26日 (木)

ドッペルギャンガー

25日(水)、外仕事中は日陰で丸一日作業していたので辛かったですが、お昼休みは日向に停めた車の中で過ごせたので幸いでした。外仕事から会社に戻る途中にあったリサイクル店に立ち寄ってみると、気になる商品が有ったのでお買い上げ・・・。

Img_0568

Img_0569

ドッペルギャンガーの『コンフォートエアマット CM1-289』です。購入価格は3000円+消費税、ネットショップで買える値段よりも少しお値打ち価格でした。車中泊する時に利用できる事から買ってみましたが、昨年入院した大学病院に万が一入院する事態になった場合にはエアマットを敷けば安心かと・・・。理由は、病院のベッドが私には少々硬かったからです。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年1月24日 (火)

フォトショルダーバッグ

23日(月)、冷たい風が吹いて寒く、外仕事が辛い一日でした。ネットオークションでコンデジ用にショルダーバッグを落札、迅速に発送対応して頂けて本日無事に届きました。

Img_0561

Img_0564

Img_0563

think TANK photo ミラーレスムーバー 20 色はチャコールです。think TANK photo(シンクタンクフォト)は2005年、Doug Murdoch(ダグ・マードック)とMike Sturm(マイク・スターム)の二人のデザイナー、それにDeanne Fitzmaurice(ディアン・フィッツモーリス)とKurt Rogers(カート・ロジャース)という二人のフォトグラファーのチームによって設立されたメーカー。世界のプロフェッショナル・フォトグラファー向けのバッグを発表し続けています。肝心の落札価格は2600円+送料。少し使い古し感はありましたが、普通に綺麗なお品でした。本来はミラーレスカメラと交換レンズを入れるのに適した大きさなので、コンデジだけでは少し大きめですが、外付ストロボ等も一緒に収める事を考えれば丁度良いサイズになるかと・・・。小さいサイズのショルダーバッグですが、ポケットが沢山付いていてレインカバーもしっかり装備されている点が如何にもシンクタンクフォトのカメラバッグです。写真には写っていませんが、ショルダーベルトも付いていますので・・・。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年1月23日 (月)

フォトバックパック

22日(日)、特に予定も無い一日。午後から食材の買い物に出掛け、風が少々強い曇り空だった事から野鳥撮影は止めて、年末年始に行って来たリサイクル店に再び行ってみたところ・・・

Img_0558

Img_0557

Img_0560

アメリカのカメラバッグブランドから2005年に発売されていた、Tamrac 5577 Expedition 7 です。お店の片隅にある中古ショルダーバッグ類が無造作に沢山掛けてあるコーナーで今回も見つけました。バッグの中には、間仕切りも沢山入っています。肝心の購入価格は、

Img_0559

ご覧頂いて判るとおり超お値打ち価格でした。バッグ自体に少々使い古し感はありましたが、普通に買えば諭吉さんが数枚要る商品です。まさかこの価格で並んでいるとは・・・。時々信じられない値付けで買えることがあるので、リサイクル店通いは止められません。大型バックパックでフル機材入れると重量も半端なく重くなる訳で、問題は背負って行けるかどうか・・・。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年1月20日 (金)

ヒコーキ写真

19日(木)、今日も冷たい風が吹いて外仕事が辛い一日でした。風邪の方は咳も少なくなったので随分楽になりました。会社の健康診断をそろそろ受診しないと・・・。オンラインショップで気になっていた本が定価から少し値引きされた金額で見つけたので早速注文しました。

Img_0554

イカロス出版から発売中の最新刊『ヒコーキ写真テクニック 2017冬』。最新のカメラ機材でこの様なヒコーキ写真を撮りに行きたいですね。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年1月 7日 (土)

続・年末年始の収穫物

6日(金)、ポッカレモン消防音楽隊の皆さんは今日から仕事始め?の様ですが、私には昨日に比べて北風が強く吹かなかったので多少外仕事は楽でした。年末にリサイクル店で超お値打ち価格で購入して来たバッグ、

Img_0521

Img_0521

バッグに付属のレインカバーが入って無かったので、リサイクル店に再び行って別の場所に無いか念入りに探してみましたが残念ながら有りませんでした。とりあえずthink TANK photo製品日本総代理店のお店に入手出来ないか問い合わせしてみたところ、

Img_0547

運良く在庫が有ったので早速注文、本日宅急便で無事届きました。肝心の購入価格は、

Img_0546

送料込みでご覧のお値段、購入したバッグよりも若干高めでしたが、元々お値打ち価格で買っているので・・・。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年1月 6日 (金)

年末年始の収穫物③

5日(木)、冷たい北風が強く吹き外仕事が辛い一日でした。年末年始にリサイクル店で収穫して来た品物を紹介します。今回は中古本、

Img_0543

(株)中経出版の『名古屋今昔散歩』。定価は657円税抜き、文庫本サイズでポケットに入れて持ち歩くのには便利です。本の中身は古地図、古絵葉書、イラスト等が多く掲載されて、昔と現在の様子が対比出来るようになっています。中でも便利に感じた箇所は地図で、

Img_0544

地図上のどの地点から撮影されたかcameraマークで示してあります。このマークの位置に立てば、それぞれの掲載ページにある場所と同じ視点から実際に眺めることが出来るので便利に思いました。昔と現在の風景を対比すると、その変貌を知る事が出来るので、気になる方は本屋さんで買い求めては如何でしょう。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年1月 5日 (木)

年末年始の収穫物②

4日(水)、今日から仕事始めにも係らずフル稼働したので少々疲れました。年末年始にリサイクル店で収穫して来た品物を紹介します。まずはこちら、

Img_0534

年始に買って来た一脚です。こちらの商品も中古ですが使用感が殆ど無いくらい綺麗な物でした。一脚のメーカーと品名は、

Img_0535

マンフロット 682B セルフスタンディング プロ一脚です。マンフロット(Tha Manfrotto Group )は、イタリアの三脚メーカー。1960年代末にイタリア人のフォトリポーター、リノ・マンフロット(Lino Manfrotto )によって創業されています。カメラ三脚の製造は1974年に開始されて、現在のラインナップは業務用の大型三脚から携帯用の小型三脚まで、またスチル用、ビデオ用、照明用などと幅広い製品を送り出しています。パノラマ撮影用に決まった角度でカメラを回転させることができるパン雲台も製造しています。

Img_0536

一脚には、同社の一脚ティルトトップ雲台 234が付属していました。この雲台の最大耐荷重は2.5㎏です。

Img_0537

682Bの特徴は、セルフスタンディング仕様の一脚で、その先端部分には、

Img_0538

ご覧のような3本の棒状の足が脚の内部に収納されています。

Img_0539

この様に広がった状態で再び先端に装着、

Img_0540

ご覧のとおり、一脚自体が自立する形になります。

Img_0542

最小高さは74cm、脚のみ最大高さ172cmまで伸びます。重量は比較的重く1.1㎏で、最大耐荷重は12.4㎏。殆どの超望遠レンズに対応可能なプロ用の一脚ですが、リサイクル店で購入した金額は5980円税込みでした。一脚は既にベルボンの物を所有していますが、自立するタイプが欲しかったので購入。三脚禁止の場所で一脚は可の場合に手を離して自立するので便利に使えるはずです。但し、いくら耐荷重が12.4㎏とは言え重い機材を付けて手放し撮影する事は控えた方が宜しいかと思いますが・・・。ちなみに、自立タイプじゃない普通のモデルは681Bで、地面に接地する箇所が違うだけで本体自体は同一です。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年1月 4日 (水)

年末年始の収穫物

3日(火)、正月休み最後の日は午前中に親戚が家に来て、午後から野鳥撮影に行くつもりでしたが曇り空だった事から止めて、リサイクル店を二軒行って来ましたが空振り・・・。年末年始にリサイクル店で収穫して来た品物を紹介します。まずはこちら、

Img_0521

年末に買って来たカメラバッグです。中古の商品ですが使用感が殆ど無いくらい綺麗な物でした。バッグのメーカーと品名は、

Img_0521

think TANK photo アーバン ディスガイズ 35 クラシックです。think TANK photo(シンクタンクフォト)は2005年、Doug Murdoch(ダグ・マードック)とMike Sturm(マイク・スターム)の二人のデザイナー、それにDeanne Fitzmaurice(ディアン・フィッツモーリス)とKurt Rogers(カート・ロジャース)という二人のフォトグラファーのチームによって設立されたメーカー。世界のプロフェッショナル・フォトグラファー向けのバッグを発表し続けています。お店の片隅にある中古ショルダーバッグ類が無造作に沢山掛けてあるコーナーで運良く偶然見つけました。

Img_0521

本体と一緒に、ショルダーバッグをバックパックにすることが出来る別売りの専用ハーネスが付属していました。肝心の購入価格は、

Img_0521

ご覧頂いて判るとおり超お値打ち価格でした。普通に買えば諭吉さんが数枚要る商品ですが、まさかこの価格で並んでいるとは・・・。時々信じられない値付けで買えることがあるので、リサイクル店通いは止められません。肩に掛けて出掛ければ、気分はプロフェッショナル・フォトグラファー。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2016年12月19日 (月)

なごや今昔②

18日(日)、この時期には珍しく日中は比較的暖かかったにも係らず左腕の肘が痛かったので大人しく家の中で過ごしていました。多分少し重量のある物を持ち上げたことが原因かと思いますが・・・。オンラインショップで見つけた古本が昨日届きました。

Img_0494

中経出版から販売されている『名古屋今昔散歩』。内容は彩色絵葉書や古地図が掲載されていて、昔の様子と現代が比較できるレイアウトになっています。当時を忍ばせる建物が残っていたり、跡形も無く変わっている様子が描かれていて興味深い内容満載、これから先の未来は一体どのように変わっていくのでしょうね。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2016年12月16日 (金)

なごや今昔

15日(木)、このところ気温がめっきり下がってきたので布団から出るのにも一苦労、石油ファンヒーターのタイマーで部屋を暖めてから起床することが日課になってます。仕事先から会社に戻る途中にあった古本屋さんを覗いて、気になる本が有ったのでお買い上げして来ました。

Img_0492

風媒社から出版されている『古地図で楽しむなごや今昔』。郷土史に興味があるので、この類の本を見つけると購入してます。古地図と現在を対比してまちがどのように変わっていったかを知ると、思わぬ発見があって色々と楽しいです。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

Toph

-天気予報コム-