フォトアルバム
Powered by Six Apart

車・バイク・乗り物 Feed

2017年12月 6日 (水)

クルーズ名古屋

5日(火)、気温が日々低くなってきて本格的な冬になり始めて来ました。3日(日)に名古屋港ガーデンふ頭へ行って練習汽船「大成丸」の船内見学と撮影をして来ましたが、水上バスの桟橋に見慣れない船が停泊していました。

Img_0001

東山ガーデン株式会社が今年の10月から土日祭日及び冬季、春季に中川運河で運行している「クルーズ名古屋」の水上バス「加藤清正丸」です。手前に停泊しているド派手な色使いの船で、「加藤清正丸」以外にも「前田利家丸」の戦国時代の侍名称で「ささしまライブ」、「キャナルリゾート」、「名古屋港ガーデンふ頭」間で運行されています。旅客定員は19人、6.6トンの汽船です。水上からの眺めは陸からとは違う景観が味わえるので、興味が有る方は乗船してみては如何でしょう

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年12月 5日 (火)

大成丸②

4日(月)、曇り空の一日で冷たい風が吹かなかったので多少は楽な一日でした。2日(土)の夜に名古屋港ガーデンふ頭で夜景撮影して来ましたが、翌日の午後に船内一般公開に行って来ました。

Img_0001

Img_0002

Img_0003

Img_0004

Img_0005

Img_0006

Img_0007

Img_0008

Img_0009

Img_0010

Img_0011

Img_0012

Img_0013

Img_0014

大成丸の訓練生は9ヶ月の訓練期間を経て東京へ戻られるとの事で、日本内航での訓練だったそうです。今回の撮影では、ガーデンふ頭の最も西側に停泊していた為に広角レンズ15-85mmを装着、船の全景が入る様に撮りました。もう少し東側に停泊すると広角端で24mmからでも撮影可能になるので良んですが・・・

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年12月 3日 (日)

大成丸

2日(金)、朝一でポッカレモン消防音楽隊の皆さんが出演したパロマ瑞穂野球場の行事へ自転車で行って、終了後直ぐに金山の日本特殊陶業市民会館で開催の愛知県警察音楽隊のコンサートへ行って来ました。夕食を頂いた後には名古屋港ガーデンふ頭に行って・・・

Img_0001

Img_0002

本日、12月2日(土)から25日(月)迄の間にプロジェクションマッピング「FIREWORKS by NAKED」のクリスマスバージョンです。冬の花火をモチーフにしたプロジェクションマッピングが名古屋港ポートビルに投影されます。更に、11月30日(木)から名古屋港ガーデンふ頭に寄港中の、

Img_0003

Img_0004

Img_0005

Img_0006

Img_0007

独立行政法人・航海訓練所の練習汽船「大成丸」の夜景撮影をして来ました。12月3日(日)には、船内一般公開があるので再び行ってみたいと思います。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年11月13日 (月)

練習帆船③

更に昨日のブログ続き、11日(土)は日本丸と海王丸のセイルドリル(総帆展帆)と夜景撮影に行って来ました。今回は夜景です。

Img_0001

Img_0002

Img_0003

Img_0004

Img_0005

Img_0006

Img_0007

Img_0008

Img_0009

Img_0010

Img_0011

夜景撮影の仕方は以前にも書いてるので省きますが、カメラの各種設定はオートを全て解除して其々の値を固定して撮ります。夜景撮影が苦手な方の殆どは、オート設定にしたままで撮っているから綺麗に撮れない訳です。昨日のブログで書いた通り、夜景撮影時は非常に寒かったので素早く撮って帰りました。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年11月12日 (日)

練習帆船②

昨日のブログ続き、11日(土)は日本丸と海王丸のセイルドリル(総帆展帆)と夜景撮影に行って来ました。

Img_0001

Img_0002

Img_0003

Img_0004

Img_0005

Img_0006

Img_0007

Img_0008

Img_0009

少々強い風が吹いていたので其々のマスト1つだけの展帆だけでした。日本丸と海王丸の船首像(フィギュアヘッド)を大きく撮影したのでUPします。

Img_0010

此方は海王丸の船首像で、笛を持つかれんな女性像で「紺青(こんじょう)」と呼ばれています。

Img_0011

此方は日本丸の船首像で、しとやかに合掌している女性像で「藍青(らんじょう)」と呼ばれています。お色直し仕立みたいで綺麗な黄金色姿でした。セイルドリルが終わった後は急いで中区栄に行ってポッカレモン消防音楽隊撮影、終了後は再び名古屋港へ戻り夜景撮影、非常に寒かったので素早く撮って帰りました。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年11月11日 (土)

練習帆船

今年は名古屋港開港110周年という事で、練習帆船「日本丸」と「海王丸」が11月10日(金)午前10時に名古屋港ガーデンふ頭3号岸壁に同時寄港しました。有給休みを取って家から自転車で南区の鳴尾車庫まで行って市バスに乗って朝一で現地入り。

Img_0001

Img_0002

Img_0003

Img_0004

Img_0005

Img_0006

当日はポッカレモン消防音楽隊の皆さんが入港歓迎演奏で来られていましたが、その時に撮影した写真は後日ブログ紹介しますのでお待ち下さい。明日11日(土)は、セイルドリル(総帆展帆)と夜景撮影に出掛ける予定です。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年10月 4日 (水)

南極観測船 砕氷艦 しらせ ③

3日(火)、朝は小雨が降っていたのでレインスーツ着用で通勤、午後から晴れたので帰りは助かりました。南極観測船 砕氷艦「しらせ」の一般公開に10月1日(日)に行って撮って来た写真の公開です。正午過ぎに並ばずに乗船出来ました。

Img_0001

Img_0002

Img_0003

Img_0004

Img_0005

Img_0006

Img_0007

Img_0008

Img_0009

Img_0010

Img_0011

Img_0012

Img_0013

Img_0014

Img_0015

撮影は一眼デジで広角レンズ装着で撮りました。名古屋港ガーデンふ頭には南極観測船「ふじ」が永久係留されていますが、「ふじ」とは比較にならないくらい豪華な造りでした。来月11月は練習帆船「日本丸」と「海王丸」が同時に寄港、セイルドリルが楽しみです。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年10月 3日 (火)

南極観測船 砕氷艦 しらせ ②

2日(月)、午前中は小雨が降った程度で良かったですが午後からしっかり雨、明日の午前中までは残りそうです。南極観測船 砕氷艦「しらせ」の一般公開に日曜日に行って来ましたが、入港初日の昼間に撮った写真を公開します。入港セレモニーが終わった午後からだったので、撮影に来ていた人は僅かでした。

Img_0001

Img_0002

Img_0003

Img_0004

Img_0005

Img_0006

Img_0007

Img_0008

Img_0009

Img_0010

撮影はコンデジで撮りました。10月1日(日)に、一般公開乗船時に撮った写真も後日少しだけですが公開する予定です。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年10月 1日 (日)

南極観測船 砕氷艦 しらせ

30日(土)、夕食を頂いた後で港区の名古屋港ガーデンふ頭に南極観測船 砕氷艦「しらせ」の撮影に出掛けて来ました。撮影している人の数は少な目、殆どの人はセオリー通りに三脚を使って撮影している方でした。

Img_0001

Img_0002

Img_0003

Img_0004

Img_0005

Img_0006

Img_0007

Img_0008

Img_0009

Img_0010

撮影に使っているレンズは16-35mmF4、オートフォーカスには頼らず全てマニュアルフォーカス撮影です。ファインダーを覗いて撮影する事は止めて、モニター画面に映すライブビューで撮影、ピントを合わせる際には合わるポイントを拡大してピッタリ合わせます。三脚を使用しているので手振れ補正はOFF、ISO感度は125で固定、ホワイトバランスは太陽光で固定、絞りはF8で固定、シャッタースピード優先AEで、リモコンレリーズを使用。1枚撮影する毎にシャッタースピードを切り替えて、感じの良い暗さ加減の写真を選択します。以上が私の定番夜景撮影パターンです。1日(日)は、「しらせ」の一般公開に行きたいと思ってますが・・・。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2017年9月30日 (土)

帆船 みらいへ

29日(金)、天気は快晴で日中は暑いにも係らず朝夕はめっきり涼しくなりました。午前10時に港区の名古屋港ガーデンふ頭に南極観測船 砕氷艦「しらせ」が寄港しました。お昼休みの時間に行ってみましたが、同ふ頭に珍しい船が非公開で寄港していたので先に紹介します。

Img_0006

Img_0001

神戸港を母港にする日本で唯一、一般の方が乗って航海が出来る帆船で一般社団法人 グローバル人材育成機構が所有する『みらいへ』です。最初の写真の後方に「しらせ」が写っていますが、ガーデンふ頭一番西側の名古屋港水族館南側緑地前に寄港していました。

Img_0007

Img_0005

船首像(フィギュアヘッド)は、「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)」です。

Img_0004

喫水は4.5m。1993年に大阪市が日本の自治体で初めて建造した帆船「あこがれ」として就航していましたが、2012年末に運行を終了、その後2014年7月5日から船名を「みらいへ」に変えて就航しています。

Img_0003

神戸開港150年記念のプレートが側面に設置。

Img_0002

船尾には船外機を付けたゴムボートが有りました。名古屋港ホームページには今回の寄港している情報は無く、南極観測船 砕氷艦「しらせ」のみが表示されていました。そう言えば、今年の3月11日にもスクーナー船タラ号が寄港していましたが、その時にも表示無しで何かと珍しい船と遭遇する年です。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/