地域情報 Feed

2018年10月24日 (水)

名古屋まつり 山車揃

21日(日)、第64回名古屋まつり二日目に市役所本庁舎前で山車揃が行われました。

Img_0001

神皇車 東区筒井一丁目12-36(旧称筒井町1・2・3丁目)。

Img_0002

湯取車 東区筒井町4丁目(旧称筒井町4丁目車道町4丁目)。

Img_0003

福禄寿車 中区栄三丁目35-30(旧称大久保見町)。

Img_0004

王羲之車 東区古出来一丁目1-6。

Img_0005

唐子車 中村区名駅南一丁目8-5(旧称内屋敷町)。

Img_0006

紅葉狩車 中村区名駅五丁目(旧称花車町1丁目小鳥町南部)。

Img_0007

二福神車 中村区名駅五丁目(旧称花車町2丁目)。

Img_0008

河水車 東区出来町三丁目19-21(旧称中之切)。

Img_0009

鹿子神車 東区新出来一丁目5-1(旧称西之切)。

Img_0010

山車揃が終わった後にポッカレモン消防音楽隊の皆さんが出演する姉妹友好都市親善パレードの撮影をしました。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2018年10月15日 (月)

鳴海裏方祭り(支度編)

14日(日)、東海道五十三次の鳴海宿で有名な名古屋市緑区鳴海町のお祭り「鳴海裏方祭(成海神社例大祭)」に朝一と夕方、夜に行って来ました。今回は支度編、朝一で山車蔵から出されたばかりの状況を撮って来ました。山車は全部で四輌ありますが最初に紹介する山車は、

Img_0001

花井町の山車です。毎年一番早く山車蔵から出して所定の場所に移動します。山車の前山には采振り人形が1体だけ乗りますが、写真をご覧頂くと判る様に乗っていません。山車蔵とは別の場所に人形だけは大切に仕舞っている事が今回初めて確認出来ました。次に紹介する山車は、

Img_0002

北浦町の山車です。此方の山車には、からくり人形は有りません。山車蔵に仕舞ってある時には赤幕は外して別に保管してあります。

Img_0004

丹下町の山車です。こちらも北浦町と同様にからくり人形は乗っていません。赤幕は外して別に保管されています。

Img_0003

上に紹介した山車は、共に山車蔵が成海神社西側に有ります。最後に紹介する山車は、

Img_0005

最後は城乃下町の山車です。此方の山車には二体のからくり人形が乗りますが、こちらも普段は外して別に保管されています。以上で朝一で撮影に行った支度中の紹介は終了です。この後に一旦自宅に戻り、正午少し前に基幹バスに乗って中区栄に行ってポッカレモン消防音楽隊の皆さんが出演する行事撮影に向かいました。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2018年10月14日 (日)

名港水上芸術花火2018

13日(土)、夜19時~20時に名古屋港ガーデンふ頭で『名港水上芸術花火2018』が行われました。今回は開催日の事前チェックをすっかり忘れてしまって、いつもの撮影場所に残念ながら行けませんでした。とりあえず昨年の写真で申し訳ありませんが、UPさせて頂きました。

Img_0001

Img_0002

Img_0003

Img_0004

Img_0005

Img_0006

Img_0007

Img_0008

Img_0009

Img_0010

次の花火大会はクリスマスイブ、ISOGAI花火劇場in名古屋港。忘れない様に行かないと・・・。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2018年9月29日 (土)

ららぽーと名古屋みなとアクルス

28日(金)、外仕事が順調に片付いたので、仕事帰りに本日グランドオープンしたばかりのショッピングモールを覗いて来ました。

Img_0061

『ららぽーと名古屋みなとアクルス』、元々は東邦ガスの旧港明工場があった広大な敷地に再開発を進められた新たな街『みなとアクルス』の中核となるショッピングモールです。約59,500㎡の店舗面積(1F〜3F)に217の専門店を持ち、約3,000台収容の駐車場が完備されています。ファッション・雑貨・食物販・レストランなどの店舗のうち、愛知県初出店が49店舗、名古屋市内初出店が57店舗、さらにショッピングセンター初出店が22店舗含まれています。

Img_0062

Img_0063

こちらは、1Fセンターコートです。3Fまで吹き抜けのある広い場所で、天井の造形が印象的な空間でした。

Img_0064

こちらは、西側に隣接する屋外イベントスペース『デカゴン』です。当日午後5時からMay J. ミニライブ&握手会が開催されていましたが、仕事帰りに覗いて来ただけなので観覧は出来ませんでした。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2018年9月28日 (金)

布袋の大仏

27日(木)、午後から天気が回復、28日(金)の天気は良さそうですが29日(土)以降は台風24号の影響で雨模様みたいです。26日(水)、江南市の仕事帰りに名鉄犬山線布袋駅の近くに大仏さまが有ると知り、行って来ました。

Img_0048

Img_0049

名鉄犬山線布袋駅から1.2キロ北側に有り、直ぐ横に犬山線が通ってました。電車に乗ってると窓の外に突然大きな顔の大仏さまが見えるので、知らない人はビックリするかも知れませんね。

Img_0051

Img_0046

御嶽薬師尊と刻まれた石碑があるが、周囲を見渡しても寺の建物は無し、大仏さまの背には2階建ての建物が付いていて、大仏治療院と言う名称の診療所になっていました。大仏さまのお顔は、身体に対するバランスよりも遥かに大きいのでインパクト大ですね。高さは奈良にある東大寺の大仏さまよりも2m高いそうです。

Img_0042

Img_0044

Img_0053

大仏さまの周囲には、造られた由来の説明文が書かれた立て札や作られた当時の新聞記事、古写真などが展示設置されています。

Img_0056

巨大な甕(かめ)の賽銭入れも鎮座してましたが、一杯に入ると幾らになるやら・・・。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2018年9月27日 (木)

道路元標 PS.たまたま撮った建物が映画ロケ地でした

26日(水)、昨日に続いて本日も江南市で仕事でした。昼食は江南駅に近いスーパーマーケット駐車場に停めてお弁当を頂き、休憩時間に駐車場から徒歩で10分程歩いてUFJ銀行江南支店に行って用事を済ませて来ました。

Img_0059

Img_0060

移動途中には、レトロな雰囲気の商店街が有り、今では珍しい昔ながらの銭湯が2軒ありましたが現在でも営業しているかは不明。商店街を移動中に何やら珍しい物が有ったので写真撮影。

Img_0057

こちらのレトロなお店の角に注目、2本のポール間に何やら石碑が・・・。近づいて見ると・・・。

Img_0058

『古知野町道路元標』と記されていました。古知野町は愛知県丹羽郡にかって有った町で、現在の江南市の中心部です。明治22年の町村制により丹羽郡古知野村が発足し、明治29年に古知野町に町制されました。その後周辺の町村が編入されて、町から江南市になったようです。名鉄犬山線江南駅は、開業当時は古知野駅と言う駅名で、昭和56年11月に江南駅と改称。道路元標は道路の起終点を示した標識で、名古屋市の道路元標は中区栄3丁目1−1 広小路本町交差点の広小路第一生命ビルディングの西側に有るみたいです。道路元標の有る場所を調べる方法は、グーグルマップを使って検索すると簡単に判ります。

追記:今回紹介した道路元標のお店ですが、邦画『20世紀少年』でケンヂ(唐沢寿明)の実家の遠藤酒店として使われているお店で、川松酒店さんです。また、同じ通りの衣料品店は、嵐主演の『黄色い涙』の食堂として使われていた店もありますので、気になる方は是非訪れてみてはいかがでしょう。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2018年9月16日 (日)

コンサート・・・

15日(土)、三連休初日の天気は雨時々曇り、雨が降っていても大丈夫な場所に行って来ました。

Nh4a1699

14日(金)15日(土)2days 名古屋市南区にある日本ガイシホール前の駐車場に停車していた『西野カナ 全国アリーナツアー2018 LOVE it Tour~10th Anniversaary~』コンサートツアートラックです。コンサートが本来の目的で日本ガイシホールに行ったのではなく第2競技場の方なのですが、とりあえず此方を撮ってみました。ツアートラック自体は撮禁じゃないですよね・・・。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2018年9月 1日 (土)

熱田新田番割観音にも・・・

31日(金)、帰りの通勤時間帯前に夕立で雨が降ってましたが雨の止み間に急いで帰宅、家に到着後直ぐに雷と共に雨が降り始めて何とか濡れずに済みました。昨日のブログで緑区姥子山の聖願寺にある浅野祥雲作の像を紹介しましたが、中川区にも像がある事が判り、少し前に車で行って来ました。

Img_0020

中川区八剱町2丁目にある、熱田新田番割観音十・十一番観音堂です。一方通行の狭い道沿いに有り、車で行くと駐車する場所が無いので離れた場所に停める必要があります。像は道から直ぐに判るくらい目立ち、最近ペイントリペアしたばかりみたいで綺麗にされていました。

Img_0021

修行大師像と十一面観音菩薩像、共に浅野祥雲作です。

Img_0022

修行大師像は昭和48年9月に奉納、手前の両脇にある花立に奉納された方のお名前が記載されていました。

Img_0023

十一面観音菩薩像は、昭和48年11月に奉納、像の基台に奉納された方のお名前が記載されていました。共に複数の方のお名前が刻まれていて、多分地元にお住まいの方と思われます。二つの像の奉納には2ヶ月の差があることから、十一面観音菩薩像に製作に掛かった期間かも・・・。

追記:ペイントリペアは昨年2017年4月15日・16日に行われたらしく、今後も現存する浅野祥雲作の像をボランティアの手により修復が行われる様なので、詳細についてはWebサイトの浅野祥雲.comをご覧下さい。2018年度の修復プロジェクトは五色園第12次修復活動、10月6日(土)、7日(日)9時~日没までです。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2018年8月31日 (金)

華厳宗光雅山聖願寺

30日(木)、本日も日差しが強く暑い一日でした。昨日のブログで秋葉山 圓通寺にある浅野祥雲作の像を紹介しましたが、緑区姥子山立弘法の近くにあるお寺にも像がある事が判り、外仕事先から近所だったので休憩時間に行って来ました。

Img_0054

緑区姥子山にある、華厳宗光雅山聖願寺です・姥子山立弘法から少し東に行った場所にありますが、車で行くと通り過ぎてしまう位の近所です。像は本堂の奥、斜面の多い場所にひっそりと祀られています。

Img_0052

弘法大師像と不動明王三尊像です。

Img_0049

弘法大師像は少しペンキが剥がれている箇所がありますが、比較的綺麗な状態でした。黒い眉がくっきり目立ちます。

Img_0050

不動明王も綺麗な状態で、珍しく御神鏡が設置されていました。脇侍(きょうじ)の制吒迦童子(せいたかどうじ)と矜羯羅童子(こんがらどうじ)は目だけがくっきりとペイントされていました。市内には他にも製作された像が存在するようなので、機会があれば紹介したいと思ってます。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

2018年8月30日 (木)

秋葉大権現ご出現霊場

29日(水)、本日も日差しが強く暑い一日でした。少し前に浅野祥雲邸を紹介しましたが、名古屋市熱田区に作られた像が有ると判り先日行って来ました。場所は熱田区神宮2丁目、熱田神宮の直ぐ横にある火渡り神事で有名な秋葉山 圓通寺です。

Img_0026

像は境内の南側に在りました。

Img_0029

毘沙門天像です。足元には踏みつけられている鬼、鬼の腕には蛇。

Img_0027

手前に香炉を揚げる2体の鬼の像。

Img_0031

Img_0032

境内は広々とした駐車スペースがあるので車で訪れても大丈夫でした。市内には他にも製作された像が存在するようなので、機会があれば紹介したいと思ってます。

http://k3001v-max.blog.enjoy.jp/blog/

Toph

-天気予報コム-